FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ”田植え”の準備が始まりました。

5月の連休明けには田植えです。少し遅れてしまいましたが、田んぼの仕事が始まりました。
まずは、「田起こし」です。そして「水溜め」~「代掻き」~「田植え」となります。
でも、こうした基本の仕事以外にもとてもやっかいな仕事があるのです。
県南の平野地域とは違って、中山間地には大きなハンデがあります。
それは・・・「田んぼ周りの草刈り」(稲作期間中に4~5回)、「イノシシよけの柵」
(トタンで田んぼを囲うか電気柵で囲いますので結構な費用と手間がかかります)
それから、「水ため」です。私の地域は山のてっぺんなので、雨水しかないのです。
天気予報で雨が降るのを予想して田んぼの水溜めの準備が始まるのです。水の問題はなかなか難しいです。
ほんとは秋冬に耕運しておくのですが、放牧牛のために牧草を生やしていたので遅くなりました。
IMG_7486.jpg

草が伸びすぎているところだけは草刈りをします。
IMG_7482.jpg

IMG_7484.jpg

トラクターで荒起こしをします。
IMG_7495.jpg

あまり風がなかったので、”やね”のところと法面(のりめん)を焼きました。
IMG_7500.jpg

3日目には水が少したまり始めました。雨が降らない時はなかなか水が溜まりません。
IMG_7685.jpg

これは、よその田んぼですが、こちらは3月中旬にはすでに水を溜めていました。
IMG_7683.jpg

我が家の田んぼはこれから本格的な雨を待って、水溜めをします。
4月末には代掻き、5月になると草刈り、電気柵の設営など、益々忙しくなってきます。

コメントの投稿

Secret

リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。